不用品と不要品の違いとは

不用品回収や廃品回収、処分や処理、買取周辺の用語解説!

home sitemap
お電話総合受付 0120-881-538

不用品と不要品の違いを説明していきます!

不用品と不要品は言葉の意味は同じと思っている方が、 非常に多いのではないでしょうか。

ただ、漢字が異なるには理由があるのです。

用を用いた意味として、こちらは用いることができない、 つまり、壊れていて使用することが不可能という意味です。

その為、不良品やジャンク品を指す事が一般的です。

それに対し、要を用いる場合は、必要か否かが重要なポイントとなります。

使用者側の思いだけで判断をして廃棄するか否かを判別しますが、その意味は、ガラクタや粗大ゴミとは言えません。

ここで、新製品への買い替え、代替え、引越しやリフォームなどで、 新しい商品を購入した際に、2台も3台も必要ないということになった場合、 意味合いは異なっても不要か不用かは、この先、問題ではなくなるのです。

これは本人の主観であり、所有者が捨てたいならば、その意向に沿う必要があるのです。

しかし、地球環境というグローバルな視点で物を見たときに、このひとつひとつの判断 だけで、大量のゴミとなってしまうことから、私たちひとりひとりが、出来るだけ、 活用していく方法を勘案しなければいけません。少なくとも、材料や部品だけでも 生かしていく手法を選択すべきです。これがリサイクル精神なのです。

2016年のこの記事を書いている段階においても、今、日本列島は35度以上の猛暑と なっている地域もあります。これは、一概に言えるものはありませんが、地球温暖化、 その要因として、成層圏の破壊、その背景にフロンガスの排出も関わっているようです。

ゴミ廃絶とまではいかないまでも、努力は継続して行っていき、可能な限り、 循環させる工夫が必要です。

用語集ページへ戻る

不用品処分の福岡ロープライズTOPへ戻る

重要項目一覧

HOME 遺品整理 引っ越し 家具 リフォーム 金属・鉄スクラップ レアメタル 分解 金・プラチナ・骨董品 マテリアル 家電リサイクル

南区 中央区 早良区 城南区 西区 博多区 東区 古賀市 春日市 太宰府市 筑紫野市 糟屋郡 筑紫郡那珂川町 宗像市 大野城市 糸島市 久留米市 飯塚市 福津市 小郡市 宮若市

PAGE TOP