不用品回収の定義や周辺のご案内

回収・処分業界のことも知っておくと便利です!

home sitemap
お電話総合受付 0120-881-538

不用品回収についてのご説明

不用品回収のことを具体的に説明します。また、不用品処分や廃品回収にまつわることや業界全体や時代背景や注意点も交えて解説していきます。

使用・利用されない再資源を利用し社会に貢献!

再資源モデル

不用品・廃品回収とは、再生可能な資源となる廃品を、再生する目的で回収することです。また回収することにより対価を得ることとなります。ちり紙交換も廃品回収の一種であると言える。町内会や小学校保護者会で行うことが多く、これが財源となります。

回収の対象となるものは主に新聞紙や段ボール紙などの紙資源や、瓶、タイヤなどが一般的です。 軽トラックを使って回収して回ることが多く、作業の円滑化ならびに社会勉強のために、回収作業を地域の子供たちに手伝わせることが多い。子供たちの人数が多い場合、子供たちは歩いて作業することになります。 これらを業として行う者は一般的に廃品回収業者・不用品回収業者と呼ばれるが、環境省ではこれらの業者を不用品回収業者という呼称で統一しています。

悪質・違法な悪徳業者にご注意ください!

違法業者

一般家庭から粗大ごみを有料で回収するためには、当該市区町村による一般廃棄物収集運搬の許可が必要

また、品目によっては家電リサイクル法、パーソナルコンピュータであれば資源の有効な利用の促進に関する法律(通称「PCリサイクル法」)の適用対象となります。近年、ポスティングや軽トラックに搭載した拡声機で宣伝する無許可業者があらわれ、無料回収をうたいながら料金を請求する、不用品を積み込んだあとで法外な料金を要求する、回収を依頼していない物品まで無理やりトラックに積み込む、有料で回収したものを適正に処分せず不法投棄する等のトラブルが全国で多数発生しています。それを受け、国民生活センターや地方自治体から利用しないよう警告が出ている。2010年8月には一部業者への家宅捜索および営業停止処分も行われました。同時に消費者庁が警察へ告訴し、経営者らが廃棄物処理法違反(無許可)容疑で逮捕・起訴された。環境省からも地方自治体に向け、許可のあるなしに関わらず廃棄物を扱う業者に対し適切な指導を行うよう通知を出しています。

実は不用品回収業者とのトラブル例も世間ではあります

不要になったTVやDVDデッキ、PC、洗濯機、タンス、食器棚などを処分でお困りではないですか。 時にはゴミ屋敷処理遺品整理等不用品回収業者に頼らざるを得ないこともあると思います。 そこでは、業者と消費者(利用者)の間で、トラブルとなる事もあります。全国の消費生活センター等に寄せられる廃品回収サービスに関する相談の中でも金額が圧倒的だそうです。

何が無料で何に料金・費用が掛かるかという区分けをきちんと行うことが重要です。そのため、見積り内容を事前に確認しましょう。宜しければ、当社においての不用品・廃品回収口コミページもご参照ください。いつもお客様第一主義で実践していきます。

福岡の不用品処分ロープライズTOPへ戻る

検索項目一覧

HOME 遺品整理 引っ越し 家具 リフォーム 金属・鉄スクラップ レアメタル 分解 金・プラチナ・骨董品 マテリアル 家電リサイクル 用語集

南区 中央区 早良区 城南区 西区 博多区 東区 古賀市 春日市 太宰府市 筑紫野市 糟屋郡 筑紫郡那珂川町 宗像市 大野城市 糸島市 久留米市 飯塚市 福津市 小郡市 宮若市

PAGE TOP