余った灯油の処分方法についての概要

宜しければご参考お願いします

home sitemap
お電話総合受付 0120-881-538

余った灯油の処分方法をお教えします

古くなった灯油をどのように処分するべきかという 観点からのコラム記事です。

灯油は、産業廃棄物のうち爆発性・毒性・感染性など、 健康、生活環境に被害を及ぼす恐れがある廃棄物廃棄物処理法 という法律に基づいて、特別管理産業廃棄物に区分されています。

灯油は簡単に燃えやすく、引火点は37度となっています。 ただし、37度で発火ではなく気化した状態で物に光が当たる事で、 発火する危険性があるということです。

灯油の処分は使いきるか引き取りの2パターン

原則、使い切ってしまいましょう。例えば、暖かい時期、 例えば梅雨であっても、洗濯物を乾かす部屋干し用に、 ファンヒーターやストーブを用いると、早く洗濯物を 乾かすことができます。

なお、使い切るとは、灯油の中の端具にあるものも全てです。 逆に、ファンヒーターなどの製品の中に灯油を入れたままに してしますと、器具を劣化させてしまう原因にもなるのです。 というのも、灯油はシーズンを越えて長期保存ができない液体です。 勿論保存方法にもよるのですが、時間が経つと、水がたまってしまって、 灯油を使用する家電製品の燃焼不良や着火トラブルを引き起こす可能性も あります。

最後に、引き取りにおいては、資格・免許を持っている不用品処分業者か、 ガソリンスタンド、ホームセンターでも可能な店舗がありますので、 先ずはお電話にて確認してみましょう。

新着情報ページへ戻る

福岡の不用品処分ロープライズTOPへ戻る

HOME 遺品整理 引っ越し 家具 リフォーム 金属・鉄スクラップ レアメタル 分解 金・プラチナ・骨董品 マテリアル 家電リサイクル

南区 中央区 早良区 城南区 西区 博多区 東区 古賀市 春日市 太宰府市 筑紫野市 糟屋郡 筑紫郡那珂川町 宗像市 大野城市 糸島市 久留米市 飯塚市 福津市 小郡市 宮若市

PAGE TOP