生前整理も不用品処分の福岡ロープライズへ

福岡県内の皆様へ、生前に身辺整理を進めてください

home sitemap
お電話総合受付 0120-881-538

生前整理とは

ゴミ屋敷撤去までの道のりの前に、言葉の意味を整理します。

「生前整理」とは、現在から将来に向けて本人自身が暮らしやすい環境を整え、将来自分が亡くなったあと、家族が葬儀や遺品整理などで困らないために整理することです。これには形ある物と情報の両方が含まれます。

つまり、主人公の母親(父親は他界)の持ち物(父の遺産も含む)と交友関係などの情報を母親本人と話し合いながら進めていくことです。

価値観の違いを解消することが大事

一番厄介なのが、世代間の価値観の違いです。

とはいえ、生前整理は本人の今後の生活環境を整えることが目的でもあり、そこには当然本人の意思や希望に沿った片付けが必要になります。実質片付けをする主人公であっても、あくまでもサポート役なのです。

生前整理をスムーズに行ううえでのNGワードがありますので是非活用してください。

捨てない・取っておきたいという気持ちを否定しない

そもそも親世代の育った世の中は一つの物を大切に使うことが当たり前でした。

そのため、どんな物でもそれを捨てない理由を探すのです。「確かに今すぐは使わなくてもいつか使うから」と言う言葉を聞かれたことがあるのではないでしょうか。

NG:「いつかて、いつよ!」「どうせ使わないんでしょ」「いらないものばかり取っておこうとするんだから」

言い換え:「それはすぐに使わないのね。だったら「一時保管」へ入れようよ。移動させておこう。」など・・すぐに捨てるのではなく、あくまで整理整頓の為移動させる方向に誘導しましょう。

あくまで本人(親)が主体である姿勢で

子ども世代では物がありすぎて部屋が狭くなって困ったり、どこに何があるかわからないなど困った経験もあるのではないでしょうか。

これとは逆に親世代は、物がたくさんあることで、困るという発想がそもそもないように思われます。

NG:「こんなにたくさん荷物、私がお母さんがいなくなったときに困るんだからね」 「せっかく親切心で片づけをしてあげてるのに」

言い換え:「いつも鍵がないって探してるじゃない、これなら大事なものがすぐ見つかるよ」「薬が取り出しやすくなって、飲み忘れもなくなるね」など・・・親にとって整理整頓することで得られるメリットを伝えます。

いきなり財産など金銭的な話は出さない

親しい間柄だからこそデリケートなのが財産の話です。

NG:「通帳はどこにあるの、見せて?」「権利証は?」

言い換え:「ずいぶん家も痛んできたよね、リフォームとか考えてないの?」

やはり、いきなりお金のことから入ると、親のことよりお金が心配なんだ、もう自分は必要とされていないんだなどと感じてしまう場合もあります。少しづつ様子を見ながらすすめます。

生前整理は言い方ひとつ

言い方ひとつでずいぶん印象が違いますね。

生前整理や遺品整理は実際片づける人と物をもっている人は違うことが多いものです。

相手を思うあまり、早く片づけたいといった気持ちや、「どうして私の親がこんなこともできない」など落胆の気持ちから、NGワードを聞いがちです。そうなっては、自分から親子の絆を切ってしまうことになります。

意識的にNGワードは使わず、親の意思を尊重しながら片づけを進めていくことが大切です。

親の思い出や、その大切にしていた物から子供たちや家族への深い愛情を感じたり、嬉しそうに話してくれたり、時には涙を流したり・・・時間はかかりましたが、きれいに整理された部屋を親子で見たとき、なんとも暖かな気持ちになるものです。

そのとき「ありがとう、今整理してよかったよ。こんなに私は幸せな人生を歩んできたんだね・・・。付き合ってくれてありがとう」と言われることで、親の老いも受け入れることができるようになる方も多いようです。

こういうお話を後日お客さまから聞くことがあります。

当社は仕訳された物を運んだり、仕訳のお手伝いをしたりするのが主な仕事になりますが、どんなお客様にも人生の歴史があり、その一端を任されているんだと感じる毎日です。

遺品整理のページへ戻る

福岡の不用品処分ロープライズTOPへ戻る

検索項目一覧

HOME 遺品整理 引っ越し 家具 リフォーム 金属・鉄スクラップ レアメタル 分解 金・プラチナ・骨董品 マテリアル 家電リサイクル 用語集

南区 中央区 早良区 城南区 西区 博多区 東区 古賀市 春日市 太宰府市 筑紫野市 糟屋郡 筑紫郡那珂川町 宗像市 大野城市 糸島市 久留米市 飯塚市 福津市 小郡市 宮若市

PAGE TOP